和のウェディングドレス

結婚式というと、ウェディングドレスを着たり教会で式を挙げたりといった洋風なものをイメージしたり、そういったものへの憧れを持っていたりする人が多いものでした。
しかし、結婚式で最近ではオリジナリティを出したい人が増えていたり日本文化への関心が高まっていたりすることから和装での式にも憧れを抱いている人も多くいます。
ウェディングドレスも期待し、着物も着たい、白無垢も着たい、といったことから事前に前撮りを行って、その際には白無垢や着物での写真を残したり、親族だけで神社で結婚式を挙げて和装をしたり、といったケースも増えています。

しかし、前撮りを行ったり、披露宴や結婚式とは別に神社での人前式を挙げたりするとなると、時間も費用も大幅にかかってしまいます。
人によっては結婚式の後の新婚旅行のために、式前には仕事を詰め込んでいる人もいますし、特に女性は結婚後仕事を辞めるという場合には、式までに仕事の引き継ぎで多忙を極めるということもあります。

そこで、最近ではウェディングドレスでありながらも和装を織り交ぜた新しいタイプのドレスが出てきています。
和装もドレスも着たいという人だけではなく、人とは違うオリジナリティのあるものを着たいという人からも注目されています。
ここでは、そのような新しいタイプのウェディングドレスにはどのようなものがあるのか、そしてそれをどうやったら結婚式で着ることができるのかについて紹介していきます。